閉じるピンクのバラのアップ

​Motivation

美酵母石鹸で日々の生活をハッピーに

栄養の宝庫と言われるビール酵母由来エキスを固形化できる最大限の容量を配合しました。

肌の基礎力をあげ、美肌に導く石鹸です。

ビール酵母は、ビタミンB群を始め、ミネラル、アミノ酸が豊富で肌の代謝基礎力があがり、美肌になるとされております。特にビール酵母由来のβグルカンは現在大変注目されています。

肌の基礎力の向上は、新陳代謝を促し、シミ、ニキビ、吹き出物などの肌荒れ・肌トラブルを防ぎます。

美酵母石鹸 : 5,500円(税込)   

お試しサイズ: 1,100円(送料込み・税込)

マッサージボール(デコルテ用):6,500円(税込)

美酵母石鹸

​  ビール酵母由来のβグルカンを贅沢に配合しました。

天然由来成分のみを使用した使用感の良い『人と自然に優しい石鹸』です。

防腐剤、安定剤など石油化学製品一切使用していません。

抗酸化作用?

​抗酸化作用とは?

  肌は「酸化」⇒「老化」につながります。

      酸化=さびる、老化=酸素がつく(電子がうばわれる)

      還元=もどる、若返る=水素がつく(電子をもらう)

ビール酵母由来のβグルカンは、今、美容でとても注目されているβ-1、3-1、6グルカンで、

人への免疫賦活作用があることが、科学的にも実証されています。

酸化還元電位比較表.png

​ビール酵母由来のβグルカン

活性(強さ)を酸化還元電位(単位はミリボルト)で表します。

高いほど、身体が酸化される力が強く、還元される力が大きいとマイナスになります。

身体が過酸化状態になるということは活性酸素の過剰増加につながります。

逆に、還元状態につまり、抗酸化性がある場合は、活性酸素を抑制します。

​還元効果があるということは、肌の活性化につながるのです!

​美酵母石鹸ができるまで

CA時代、飛行機の中は大変な乾燥状態での勤務をしていました。また、サービスのための厚化粧。

そんな中でも時差や乾燥の中でも

常に素敵な笑顔を心がけようと

美容と健康情報にはとても気を使っていました。

たどり着いた答えは食事と洗顔。

いかに洗顔で肌を健やかに保てるか?

30代の妹は、まだまだアトピーが世の中に認知される前からのアトピー患者。

当時は、ステロイド薬しかなく、血を出しながら、痛痒い妹は、30代になっても、化粧もできず、ステロイド焼けも残ったまま。

何とかならないかと色々な、民間療法も試したけど、どれもこれといった効果がない。

もう30代だし、もう諦めるしかないの?

そんな私たちが出会った 

ビール酵母由来のβ-グルカン

​美酵母石鹸のこだわりのポイント

•ビール酵母由来のβグルカンを含むって言っても 少しだけなら効果もわからない!

 →石鹸として固まる限界まで配合!

・忙しい女性はお風呂で洗顔をするのだから、合成香料じゃなく

その香りに癒し効果を持つ アロマオイルを使いたい!

→100種類のアロマオイルの中から女性ホルモンに癒し効果を持つ ローズのアロマオイルを選択。

 その中でも濃厚な天然モロッコ産ダマスクローズオイルを配合

•防腐剤、安定剤などは、肌によくないはず!これも排除したい。

 →馬油を基本とした、天然成分での石鹸にしたい!

  「この石鹸は正直言って、長年放置するのは腐りますよ」

     それでいい!肌に使うものとしてはそのほうが安心!

あれもこれも!を少しずつ配合するのではなく、

本当に効果のある成分だけを贅沢に実感してもらう石鹸にしよう!

​そんな思いを詰め込んだ石鹸です!

​お使いいただいた方のお声

(ご使用の方の感想であり、効果を立証するものではありません。)

「乾燥しない、本当に乾燥しない」

「洗顔した後のツッパリが何もない」

「風呂場で使っても、化粧水をすぐに使わなくていい!」
「顔はもちろんよかった。でも体に使ってみるとボディクリームいらずでした」

「ローズの香りがとても癒される」

「風呂で使うとアロマ効果すごい!」

​「アトピーが緩和された」

​  など、大変うれしいお声をいただいております。

美酵母石鹸

《全成分》:石鹸素地、酵母エキス、ダマスクバラ花油

 天然由来成分のみを使用した使用感の良い『人と自然に優しい石鹸』です。

 防腐剤、安定剤など石油化学製品一切使用していません。

《内容》  :内容量:80g(本体)、専用ネット付   日本製

《使い方》

 顔、体全身に使用できます。泡だてネットをセットでつけておりますので、

 軽く泡だててお使いください。

 

《使用上のご注意》

・お肌に合わない場合はおやめください。

・お肌に傷、湿疹等異常のある場合はご使用にならないでください。

 赤み、痒み、刺激等万が一お肌に異常が生じたり、お肌に合わない場合は

 ご使用を中止して、医師にご相談ください。

・目に入らないように注意し、入ってしまった場合はすぐに水で充分に洗い流して

 ください。 

 目に違和感が残る場合は眼科医にご相談ください。

・効果・効能については、個人差があります。